投稿論文の英文添削

専門分野に精通したネイティブスタッフと、
在米20年以上のバイリンガル日本人監修者のコラボレーションで
仕上がりの品質を保証します。

特徴(1)専門性の重視

世界最先端の研究を行っている先生方の論文を正しく理解して添削するには、添削者に高度な専門知識が必要です。当社のネイティブスタッフは各分野でのPhD取得者、学術論文添削の経験15年以上のエディターなど精鋭ぞろい。査読者の視点で添削します。これまでにノーベル賞、ラスカー賞、ガードナー国際賞、クラフォード賞などを受賞した研究グループの論文も手掛けてきました。

ネイティブスタッフ出身大学および専門分野(一部)

Harvard Medical School
Harvard University (neurobiology)
University of Oxford (physical sciences)
University of Oxford (chemistry)
Stanford University (biological sciences)
Stanford University (international relations)
University of Cambridge (Japanese studies)
Massachusetts Institute of Technology (mathematics)
Massachusetts Institute of Technology (physics)
Imperial College London (materials science)
Yale University (inorganic chemistry)
University of Chicago (physics)
University of Chicago (chemistry)
University of Pennsylvania (biochemistry)
Duke University (biology)
Cornell University (chemistry)
University of Washington (immunology)
University of Washington (molecular and cellular biology)
University of California, San Diego (biochemistry and cell biology)
University of California, Davis (human development) 他

特徴 (2) 日本人監修者によるダブルチェック

日本人著者による英文は、ネイティブエディターが読んだだけでは正しく文意を把握しきれない場合があります。ネイティブが疑問に感じた部分に助言を与えるなど、ネイティブエディター単独ではフォローできない部分を補い、著者の意図を正確に反映した添削を行います。

日本人監修者経歴(一部)

東京大学 / 京都大学 / 東京外国語大学 / 名古屋大学 / 東北大学 / お茶の水女子大学 / 横浜国立大学 / University of Toronto / University of Chicago / The University of British Columbia  他

トップジャーナルを目指す皆様に満足いただける、最高品質の論文添削。数々の有力誌に実績があります。

これまでの主な実績

Nature / Science / Cell / PNAS / PloS One / Nature Communications / Scientific Reports / Physical Review Letters / Angewandte Chemie International Edition / JACS / Journal of Biological Chemistry / Cancer Cell / Cell Stem Cell / Immunity / Neuron / Molecular Cell / Current Biology / New England Journal of Medicine / Lancet / 各Nature関連誌 他、多数。

英語論文添削の3つのプラン

添削 – プレミアム

  • 各専門分野のPh.D.取得者や専門分野の添削経験が豊富なネイティブスタッフが校閲。
  • 専門知識を持つバイリンガルの日本人監修者が監修し、日本人独特の英語表現の間違いもフォロー。
  • 添削内容に関する質問、再チェックは3回まで。質問は日本語でも可。

添削 – スタンダード

  • 各専門分野のPh.D.取得者や専門分野の添削経験が豊富なネイティブスタッフが校閲。
  • 添削内容に関する質問、再チェックは1回まで。質問は英語のみ。

プルーフリーディング

誤字・脱字・文法チェックなど英文基本事項のチェック。

各種のオプションサービスにより柔軟に対応します。

「日本語で趣旨を説明するので論文にふさわしい英語文章にしてほしい」「レフェリーのコメントに対して理論的に自説を主張して説得したい」など、論文投稿に関する各種ご相談に応じます。

特急対応について

投稿をお急ぎの場合、特急対応いたしますのでご相談ください。
特急料金は、各プランの 30~50% アップ にて承ります。

オプションサービス(有料)

  • リバイス対応
    投稿後のrevise論文は、書き換えをされた箇所のみの部分添削も承ります。(一度当社で全文添削をした論文に限ります。)
  • 投稿規定対応
    投稿規定にあわせたフォーマット調整も承っております。
  • 証明書発行
    英語ネイティブによる英文校正を受けたことを証明する証明書発行が可能です。
  • 英文評価表発行
    添削を受ける前の原稿に対する評価表を発行しています。
    論文を書く上でのウィークポイントを把握して、次回の執筆に活かしてください。

こちらもご利用ください

ご利用いただいている先生の声
  • アグレッシブな英文に修正してくれる点、しかも著者の意図が損なわれていない点がよかったです。
    (大阪大学大学院工学研究科 准教授)
  • 添削、見事です。ちょっと驚くほどすばらしい英文にしていただいた形です。これまでいくつか英語添削はお願いした経験がありましたが、ずばぬけて良い感触を持ちました。
    (名古屋大学大学院創薬科学研究科 准教授)
  • 勉強になりました。英語だけでなく、抜けている点を指摘してくれたり、構成や内容についてもコメントをしてくれる点がよいです。
    (大阪大学大学院医学系研究科 博士課程)
  • 読み手に伝わりにくい表現を修正してくれるだけでなく、コメントをつけて筆者の意図が損なわれていないか確認してくれるのがよかったです。
    (大阪大学大学院医学系研究科 特任助教)

情報セキュリティについて

発表前の大事な論文を取り扱うにあたり、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を取得し情報管理を徹底しています。

IS 588481 / ISO 27001
本社のみ

お問い合わせは

075-671-7100 または zenis@zenis.co.jp

①専門分野 ②原稿の文字数 ③ご希望納期 をお知らせいただくとスムーズです。