動画制作

アカデミックの中身に迫る動画

研究、調査、実験、産学連携、海外交流など、言葉や文章だけではわかったようで実際はイメージしにくい内容がアカデミックの現場には多数あります。動画はそれらを補うのに最適なメディア。
しかし、内容をよく理解されている内部の方々では、「ターゲットがわからない」ことが何かがわかりづらいという問題があります。
当社は、これまで培ってきたアカデミック現場におけるノウハウとをもとに、第三者の客観的な視点で、何をどのように伝えることが最適かをご提案します。

制作例: 某国立大学 プロフィールビデオ

全学紹介動画/各学部・研究科紹介動画(16部局、すべて日・英)

特徴:「文学部」の表現方法
座学のイメージが強い文学部ですが、実際には多様な形態で多岐にわたる講義が行われています。どういった分野でどういった講義が行われているのかを映像で紹介することで、印刷物やウェブからは伝わりにくいイメージを伝えています。

「声」だけでなく「姿」を伝えるメッセージ動画

研究者の先生や、学生の皆さんなど、紹介したい内容に実際に関わっている人々の姿を効果的に生き生きと伝える動画を制作しています。文章や写真だけでは伝わらない、コンテンツのリアルな魅力を発信します。

制作例: 大阪大学 ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム

プログラム履修生の声をより印象的に伝えるために、履修生それぞれの手描きメッセージも一緒に掲載したり、研究室のシーンにメッセージ音声をかぶせたりして、多層な表現で制作しています。

お問い合わせは

075-671-7100 または web@zenis.co.jp