広報戦略

当社の広報戦略ポリシー

「見た目が印象に残る」以上に、伝えるべき研究のエッセンスや意義を取り上げることを重視して作成します。
インパクトや分かりやすさ、親しみやすさが重視されるのはもちろん大事なことですが、これらが優先されるあまりに、学術的な内容の正確さ、意義などが軽んじられた表現になってしまうのは本末転倒と考えます。
みなさまが広報物にしようとしている内容について、ヒアリングや打ち合わせの中で、魅力的な部分を見出し、掲載コンテンツとしてご提案いたします。

当社では、長らく日本のトップクラス研究者の学術論文の翻訳や添削事業に携わってまいりました。ノーベル賞、ガードナー国際賞、ラスカー賞、クラフォード賞、京都賞などを受賞した研究グループの論文も手掛けてまいりました。
また、1,700名以上の研究者の方々との交流を通じて、学術分野において発展性のある事業を手掛けてまいりました。

これらの事業を可能にしてきた高度な専門知識を持つスタッフ、培ってきたノウハウをもとに、研究内容を効果的に発信していきます。

広報物の制作にとどまらず、学生募集、産学連携、海外展開、寄附などに繋がる様々な提案を行っています。

学術・技術の総合サイトJapanest NIPPON

Japanest NIPPONは、日本の誇る最先端の学術研究成果や技術・製品を一覧で掲載する、当社オリジナルの総合サイトです。このサイトを通じて海外企業からのお問い合わせもあります。

米国Harvard大学『The Harvard Crimson』紙広告・記事広告掲載

当社はThe Harvard Crimsonへの広告掲載における日本総代理店です。

部局やプロジェクトの広報物をトータルで制作することが可能です

その他、ノベルティやデジタルサイネージの制作実績もございます。

お問い合わせは

075-671-7100 または web@zenis.co.jp